ストライクが運営サイトでキャンペーン

M&A仲介サービス大手のストライクは5月8日から、自社が運営するニュースサイト「M&A Onlineが開設5周年を迎えることを記念したキャンペーンを始めた。読者に2020年上期のM&A件数(東証適時開示ベース)を予想するクイズを出題し、正解者に抽選のうえ空気清浄機やギフトカードなどをプレゼントする。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて外出自粛が広がる中、インターネットの利用は広がっており、キャンペーンによりニュースサイトの一段の読者獲得やM&Aの普及を目指す。

ストライクはM&A関連ニュースの専門サイトM&A Online2015年に開設し、今年7月に5周年を迎える。同サイトは3月、4月にいずれも月300万ページビュー超(4月は約380万ページビュー)を獲得している。

クイズは、「20年上期(1月1日~6月30日)に適時開示されたM&Aの件数は何件か(見込み)」との内容。

参加者は

  • 330件以下
  • ②331~370
  • 371件以上

の3つの選択肢の中から1つを選び、インターネットの回答専用サイトを通じて回答、応募する。

19年上期のM&A件数は395件だった。応募期間は5月8日~31日まで。

商品は空気清浄機(当選者1名)のほか、サウンドスピーカー(同5名)、5000円相当のギフトカード(同20名)など。当選者は7月上旬にM&A Onlineのホームページ上などで発表する。

申し込みは以下のサイトから。

https://maonline.jp/campaign/350mpv

八木チエ

八木チエM&A INFO プロデューサー

投稿者プロフィール

大学卒業後、7年間IT会社の営業を経験し、弁護士事務所に転職。
弁護士事務所で培った不動産投資の知識を活かし、業界初の不動産投資に特化したメディアを立ち上げ。2018年に株式会社エワルエージェントを設立。不動産投資「Estate Luv」、保険「Insurance Luv」などのメディア運営やメディアのコンサル事業に特化。
M&A業界が盛んになった今、M&Aの情報を正しく伝えたい、もっと多くの人にM&Aの魅力を知ってもらいたいと思い、M&Aに特化したメディア「M&A INFO」を立ち上げ。より有益な情報を多く配信している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. M&Aを検討しているものの、どこに依頼したらいいのかと分からない方も多いのではないでしょうか…
  2. 「起業しても1年で半分の会社がなくなる、10年以上続いている会社はわずか1%」 と…
  3. 人材の採用・育成が大変だから、優秀な人材を抱えている会社を買いたい 新規事業の開発をしたい…
  4. 「M&A」という言葉は、経営者であれば一度は聞いたことがある方はほとんどでしょう。 …
  5. こちらの記事をお読みの方の中で、会社、企業を売りたいと検討されている方もいらっしゃるのではないで…
  6. 少子高齢化による人材不足、経営環境の変化など様々な問題の影響により、数十年も経営してきた会社の事…
ページ上部へ戻る