10月のM&A、74件で3カ月連続で前年を下回る

10月のM&Aは前年同月比7件減の74件となり、18年4月以来1年半ぶりに3カ月連続で前年を下回った。ただ単月ベースでは前月比で5件増え、3月(82件)、2月(77件)に続く今年3番目でなお高水準を維持している。日銀の金融緩和を背景に企業の資金調達の環境は良好なことから、M&A市場は活況が続いている。このままで推移すれば2009年以来10年ぶりに年間800件台に乗せる公算が大きい。

全上場企業に義務づけられた適時開示情報のうち、経営権の移転を伴うM&A(グループ内再編は除く)について、M&A Online編集部が集計した。

1、大日本住友、欧州創薬ベンチャー傘下の5子会社を2,200億円で買収

10月のM&Aの総開示件数74件の内訳は買収64件、売却10件(買収側と売却側の双方が開示したケースは買収側でカウント)。このうち海外案件は19件(買収17件、売却2件)だった。海外案件を国・地域別にみると、米4件、豪3件(売却1件含む)、台湾(売却1件を含む)、シンガポール、ベトナム各2件など。

総件数は8月、9月と2カ月連続で前年を下回ったことから、活況が続くM&A市場に潮目の変化が出てきたのかどうかを占う意味で、第4四半期(10~12月)のスタート月の動向が注視されていたが、引き続き高水準にあることが確認された形だ。1~10月の累計では676件と前年同期46件上回っている。

金額トップは大日本住友製薬の案件。英国とスイスに本社を置く創薬ベンチャー、ロイバントとの戦略提携に伴い、ロイバント本体に10%出資(約1100億円)するとともに、同社の新薬開発子会社5社を約2240億円で買収する。大日本住友が取り組むM&Aとして過去最大。2020年3月までに買収完了を目指す。

2、アサヒHD、マッサージチェア最大手の子会社「フジ医療器」を台湾社に譲渡

資生堂は米スキンケア化粧品のドランク・エレファントを約910億円で買収すると発表した。ドランクは2012年に創業した新興の化粧品メーカーで、2019年12月期の売上高は初めて100億円を突破する見通し。米国で若年層の支持を広げる新ブランドを取り込み、主力のスキンケア事業を世界規模で拡大する。

アサヒホールディングス(HD)は子会社のマッサージチェア最大手、フジ医療器(大阪市)の株式60%を台湾のフィットネス機器メーカーであるジョンソンヘルステックに譲渡する。譲渡価額は67億円。アサヒHDは2014年にフジ医療器を傘下に収めたが、米国や中国など海外市場の本格開拓を目的に同社を合弁運営に切り替える。譲渡先のジョンソンは全世界に30の販売子会社、300強の直営店を持つ。

3、ホンダ、系列部品メーカー3社に総額3200億円超のTOBへ

10月のM&Aで注目されたのが日立とホンダによる傘下の自動車部品メーカー4社の合併。合併するのは日立の完全子会社の日立オートモティブシステムズ(茨城県ひたちなか市)、ホンダが筆頭株主のケーヒン、ショーワ、日信工業の上場3社。統合時期は未定だが、合併後の統合会社の売上規模は約1兆8000億円と、トヨタ自動車系のデンソー、アイシン精機に次ぐ国内第3位の部品メーカーに浮上する。

合併に先立ち、ホンダはケーヒン、ショーワ、日信工業の3社にTOB(株式公開買い付け)を実施し、完全子会社化する。買付金額は3社合計で3200億円を超える。完全子会社化後、日立オートモティブシステムズが3社を吸収合併し、経営を統合する。統合会社への出資比率は日立66.6%、ホンダ33.4%となる。

日立・ホンダのこの発表翌日の10月31日には、アイシン精機が変速機子会社のアイシン・エィ・ダブリュ(AW、愛知県安城市。売上高約1兆6700億円)と2021年4月をめどに経営統合することで基本合意した(グループ内再編のため集計件数には含まず)。アイシンAWの株式約40%を持つトヨタも両社の統合に賛同している。

次世代の自動車技術「CASE」領域での開発競争の激化が統合・再編への部品各社の背中を押した格好。今後、同様の動きが広がることが予想される。

4、ブシロード、女子プロレス「スターダム」買収

一般にも広く関心を集めたのがブシロードによる女子プロレス団体のスターダム(東京都江東区)からの事業取得。ブシロードは2012年に国内最大の男子プロレス団体「新日本プロレス」を子会社化した。近年はキックボクシングに進出するなど、格闘技系の興行事業に力を入れている。

アシックスは、カナダのファストノースコーポレーションが運営するマラソンレース登録サイト「Race Roster(レースロースター)」事業を取得することを決めた。取得価額は約30億円。レースロースターはランナーがレースに申し込みをする際のプラットフォームで、登録規模で北米3位という。

10月M&A:金額上位(10億円超)

1

大日本住友製薬、欧州の創薬ベンチャーであるロイバント・サイエンシズ(英、スイスに本社)の新薬開発子会社5社を子会社化(2240億円)

2

日本製紙、豪製紙大手オローラの段ボール事業を取得(1243億円)

3

ホンダ、系列自動車部品メーカーのショーワをTOBで完全子会社化(1161億円)   ※日立製作所とホンダによる傘下車部品4社の統合に伴う

4

ホンダ、系列自動車部品メーカーのケーヒンをTOBで完全子会社化(1127億円)   ※日立製作所とホンダによる傘下車部品4社の統合に伴う

5

ホンダ、系列自動車部品メーカーの日信工業をTOBで完全子会社化(953億円)   ※日立製作所とホンダによる傘下車部品4社の統合に伴う

6

資生堂、スキンケア化粧品メーカーの米ドランク・エレファントを子会社化(910億円)

7

バンダイナムコホールディングス、「ガンダム」版権管理などの創通をTOBで完全子会社化(350億円)

8

SCSK、ソフト開発のMinoriソリューションズをTOBで完全子会社化(208億円)

9

富士フイルムホールディングス、豪ITきぎょうCSGを子会社化(105億円)

10

日信工業、スウェーデンVEONEERとの日本・中国合弁2社を子会社化(94億円)

11

アサヒホールディングス、傘下のマッサージチェア最大手のフジ医療器を台湾ジョンソンヘルステックに譲渡(67億円)

12

塩野義製薬、バイオ医薬品メーカーのUMNファーマをTOBで完全子会社化(66.5億円)

13

SBIホールディングス、カンボジアの小口金融会社LHMFI を子会社化(48億円)

14

ワールド、高級バッグのシェアリングサービスを展開するラクサス・テクノロジーズ(広島市)を子会社化(43.4億円)

15

ナ・デックス、レーザー・機械製作のタマリ工業(愛知県西尾市)グループを子会社化(32.6億円)

16

アシックス、カナダのファストノースコーポレーションからランニングレース登録サイトを取得(30億円)

17

キャリアインデックス、リブセンスから成功報酬型賃貸情報サイト「DOOR賃貸」事業を取得(17.5億円)

八木チエ

八木チエM&A INFO プロデューサー

投稿者プロフィール

大学卒業後、7年間IT会社の営業を経験し、弁護士事務所に転職。
弁護士事務所で培った不動産投資の知識を活かし、業界初の不動産投資に特化したメディアを立ち上げ。2018年に株式会社エワルエージェントを設立。不動産投資「Estate Luv」、保険「Insurance Luv」などのメディア運営やメディアのコンサル事業に特化。
M&A業界が盛んになった今、M&Aの情報を正しく伝えたい、もっと多くの人にM&Aの魅力を知ってもらいたいと思い、M&Aに特化したメディア「M&A INFO」を立ち上げ。より有益な情報を多く配信している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. M&Aを検討しているものの、どこに依頼したらいいのかと分からない方も多いのではないでしょうか…
  2. 「起業しても1年で半分の会社がなくなる、10年以上続いている会社はわずか1%」 と…
  3. 人材の採用・育成が大変だから、優秀な人材を抱えている会社を買いたい 新規事業の開発をしたい…
  4. 「M&A」という言葉は、経営者であれば一度は聞いたことがある方はほとんどでしょう。 …
  5. こちらの記事をお読みの方の中で、会社、企業を売りたいと検討されている方もいらっしゃるのではないで…
  6. 少子高齢化による人材不足、経営環境の変化など様々な問題の影響により、数十年も経営してきた会社の事…
ページ上部へ戻る