企業価値とは?企業価値評価する3つの方法

自分の会社をもし売却するとしたら、いくらで売れるのだろう?

会社経営者は、自分の会社の企業価値を気になる方も多いのではないでしょうか。上場会社は株価が公開されていますので、「株価☓発行済総株式数」で時価総額を知ることができます

しかし、非上場会社の場合、株式は非公開になっているため、目安となる株価もないことから、企業価値の算定はなかなか難しいです。

そこで今回は、企業価値とは何か、企業価値の評価方法について書いていきます。企業価値の概算を算出することができる簡易査定サイトもご紹介しますので、自分の会社の企業価値を気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

1、企業価値とは?

企業価値は簡単に言ってしまえば、「会社の値段」です。

M&Aにて会社の売却、もしくは買収を検討する際に、企業価値すなわち会社の値段を知ることは非常に重要です。

企業価値を一つの目安に、買手会社と売手会社が交渉しながら最終的に売買価格が決まります。

2、企業価値の簡易査定サイト

具体的に企業価値を評価する方法について「3、企業価値を評価する3つの方法」にてご紹介しますが、とりあえず自分の会社の企業価値を知りたい方は、企業価値の簡易査定サイト「事業承継リサーチ」を活用してみるのはいかがでしょうか?

事業承継リサーチ」は、匿名にてわずか1分で企業価値を算出することができます。今すぐ会社の概算価値を知りたい方にオススメです。

事業承継リサーチ

URL:https://ma-value.com

3、企業価値を評価する3つの方法

最後に、企業価値を評価する3つの方法をご紹介します。

  • (1)将来の価値を重視する「インカムアプローチ」
  • (2)取引実績を重視する「マーケットアプローチ」
  • (3)純資産を重視する「コストアプローチ」

では、それぞれについてみてみましょう。

(1)将来の価値を重視する「インカムアプローチ」

インカムアプローチは、今の会社のキャッシュフローに将来の収益性を加味して、有利子負債などのリスクを差し引くことで企業の価値を算出するアプローチ方法です。

代表的には下記2つの算出手法があります。

  • DCF法
  • 配当還元法

①インカムアプローチのメリット

インカムアプローチのメリットは、ビジネスの将来の収益性を加味して評価するところです。

②インカムアプローチのデメリット

一方、デメリットとしては、将来において予測できない要素が多いため、収益性の評価によって評価価格が大きく変わります。

(2)取引実績を重視する「マーケットアプローチ」

マーケットアプローチは、売手会社で過去にあった株式の取引実績に基づいて評価を行うアプローチ方法です。

代表的には下記2つの算出手法があります。

  • 類似企業比較法
  • 類似取引比較法

①マーケットアプローチのメリット

マーケットアプローチのメリットは、既に第3者が出した評価を参考に算出しますので、中立性が高いと言えます。

②マーケットアプローチのデメリット

一方、デメリットとしては

  • 株価の変動が大きいことから、参考にならない
  • 参考できる実例がない

などが挙げられます。

(3)純資産を重視する「コストアプローチ」

時価純資産価額法とは、会社の

  • もし今売ったらいくらになるかという「資産」

から

  • もし今支払ったいくらになるかという「負債」

を差し引いた「純資産」の時価相当額で会社の値段を算定する方法です。

代表的には下記2つの算出手法があります。

  • 時価純資産法
  • 簿価純資産法

①コストアプローチのメリット

コストアプローチは、現在の資産、負債から算出した「純資産」に重点をおいているため、時価で純資産を算出することができ、会社の価値を正確に算定することができます。

②コストアプローチのデメリット

デメリットとしては、時価ベースに重点おいているため、事業の将来性を見えにくいところです。

なお、それぞれの算定方法について詳しくは「会社、企業を売りたい方必見!損しないために知っておくべき知識まとめ」を参照にしてみてください。

まとめ

企業価値は会社の値段です。買手会社と売手会社が売買価格を交渉する時の目安金額になっていますので、非常に重要な金額です。とりあえず自分の会社の企業価値を知りたい方は、ぜひ事業承継リサーチを活用してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
八木チエ

八木チエM&A INFO プロデューサー

投稿者プロフィール

大学卒業後、7年間IT会社の営業を経験し、弁護士事務所に転職。
弁護士事務所で培った不動産投資の知識を活かし、業界初の不動産投資に特化したメディアを立ち上げ。2018年に株式会社エワルエージェントを設立。不動産投資「Estate Luv」、保険「Insurance Luv」などのメディア運営やメディアのコンサル事業に特化。
M&A業界が盛んになった今、M&Aの情報を正しく伝えたい、もっと多くの人にM&Aの魅力を知ってもらいたいと思い、M&Aに特化したメディア「M&A INFO」を立ち上げ。より有益な情報を多く配信している。

この著者の最新の記事

関連記事

最新の記事

ピックアップ記事

  1. M&Aを検討しているものの、どこに依頼したらいいのかと分からない方も多いのではないでしょうか…
  2. 「起業しても1年で半分の会社がなくなる、10年以上続いている会社はわずか1%」 と…
  3. 人材の採用・育成が大変だから、優秀な人材を抱えている会社を買いたい 新規事業の開発をしたい…
  4. 「M&A」という言葉は、経営者であれば一度は聞いたことがある方はほとんどでしょう。 …
  5. こちらの記事をお読みの方の中で、会社、企業を売りたいと検討されている方もいらっしゃるのではないで…
  6. 少子高齢化による人材不足、経営環境の変化など様々な問題の影響により、数十年も経営してきた会社の事…
ページ上部へ戻る