【買手会社向け】M&A 成功確率向上セミナーレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7割以上は失敗すると言われているM&A。勝ち組の3割に入るためには、非常に高い専門知識を要するM&Aについてご自身でスキルを身に着けることが重要です。

昨年2019年のM&Aの取引件数は840件以上も上り、2008年以来の高水準となったとのデータ発表がありました。M&Aの取引がかなり盛んになった、より高い需要があるにも関わらず、M&Aのノウハウを教えてくれるセミナーはかなり少ないのが実情です。

そこで今回は、毎回満員となる2ヶ月1回のペースで開催されている、会計事務所を母体とする株式会社コーポレート・アドバイザーズM&Aさんが主催する「(買手会社向け)M&A成功確率向上セミナー2020」についてご紹介したいと思います。

実際にこちらのセミナーに参加させて頂き、セミナーレポートという形式でセミナー内容についてまとめました。

デューデリジェンスからPMI(ポストマージャーインテグレーション)まで、ワンストップでM&Aをサポートしてくれるコーポレート・アドバイザーズさんならではのかなりノウハウが詰まったセミナーとなっていますので、M&Aのノウハウについて学びたい方にはぜひオススメしたいセミナーです。

1、セミナーの構成

こちらのセミナーは下記のように全部で6部構成となっています。

  • 第1部:戦略 「M&A成功のポイント」
  • 第2部:交渉 「売り手から選ばれる書い手の共通ポイント」
  • 第3部:スキーム 「欲しいとこだけうまく買いたい!会社分割・事業譲渡の勘所」
  • 第4部:税務 「最新の税務トピックス」
  • 第5部:人事労務 「人事労務におけるデューデリジェンスとPMIのポイント」
  • 第6部:財務会計 「財務会計上の留意点と買収後の管理ポイント」

各セッションは30分前後と時間設定されていて、セミナー内容はプリントにてまとめられています。

2、第1部:戦略 「M&A成功のポイント」

続きまして、各セッションの内容について説明していきます。

第1部では、大きく下記2つの内容となっています。

(1)M&A業界の最近の傾向

まず最初にM&A業界の最近の傾向について下記のポイントにて説明してくれます。

  • ①M&Aスタイルの多様化
  • ②新しいスタイル「成長戦略型」
  • ③オーナーエグジットの若年齢化
  • ④投資ファンドという存在(金融緩和が背景)

(2)M&A成功のポイント

では、数多くある買手の中で、M&Aで成功するために注意するポイントとは何でしょう。

セッションの中で下記6つのポイントについて説明してくれます。

  • ①どのように買うか?
  • ②どんな会社を買うか?
  • ③価格をどう考えるか?
  • ④シナジー効果を出すためには?
  • ⑤どう経営するか?(PMIの留意点)
  • ⑥「買い方」で失敗しないコツ

セッション1では、最新のM&A業界の動きを把握することができ、その中で自社にとってどのような位置づけになるのか、どのように売手市場の中でいい売手会社を獲得すべきかのポイントについて押さえることができます

3、第2部:交渉 「売り手から選ばれる買手の共通ポイント」

第2部では、大きく下記2つの内容となっています。

  • (1)M&Aの市場は、昔も今も将来(?)も売手市場
  • (2)売り手から選ばれる買い手の共通ポイント

こちらのセッションでは、実際にあったご成約実績を交えながら、売手市場であるM&A市場の中で、いい売り手から選ばれる買い手のポイントを紹介してくれます。

意外に買手会社がスルーしそうなポイントもありますので、非常に勉強になる内容となっています。

4、第3部:スキーム 「欲しいとこだけうまく買いたい!会社分割・事業譲渡の勘所」

第3部は会社分割と事業譲渡に焦点を当て、下記内容となっています。

  • (1)事業買収における会社分割の代表的な活用例
  • (2)小型M&Aはカーブアウト(事業譲渡等)が主流
  • (3)買い手にとっての事業譲受・会社分割・株式売買の基本的な特徴
  • (4)事業譲受・会社分割を選択する場面
  • (5)事業譲受・会社分割の価値評価における留意点
  • (6)カーブアウトスキームの課題

M&Aで成功するには自社に合った手法を選ぶ事が重要です。会社分割と事業譲渡は似ているようで、手続き、税金など様々な観点でそれぞれにメリットとデメリットがあります。

こちらのセッションでは、会社分割と事業譲渡を様々な視点からの違い、どんな場面でどっちの手法が適しているのか、手法により会社の価値評価の留意点などについて解説してくれます

事業譲渡にするのか、会社分割にするかで悩まれている方には非常に役に立つ内容となっています。

5、第4部:税務 「最新の税務トピックス」

休憩を挟みまして、第4部ではM&Aにおいて重要となる税務のセッションに入ります。

第4部は、大きく下記2つの内容となっています。

  • (1)令和2年 M&Aに係る税制改正
  • (2)M&Aで留意すべき個別の税務論点

M&Aに関する税務は非常に複雑になっています。こちらのセッションでは、今年の最新のM&Aに係る税制改正について把握することができた上に、税金を安く抑えるために活用されている役員退職金、繰越欠損金の引継制限などよく論点になっているポイントをピックアップされてしていますので、分かりやすく把握することができます。

5、第5部:人事労務 「人事労務におけるデューデリジェンスとPMIのポイント」

第5部では、M&Aにおける人事労務の話しになります。

  • (1)労務DDの狙い
  • (2)人事DDの狙い

項目(1)労務DDの狙いでは、M&Aの労務DDで主な調査視点、簿外債務のパターンなどについて説明してくれます。

項目(2)人事DDの狙いでは、M&Aにおける労務DD、人事DD時のポイント、人事DDを活用したPMIの情報収集仕方などについて詳しく説明してくれます。PMIについて勉強したい方には非常にお役に立つ内容となっています。

6、第6部:財務会計 「財務会計上の留意点と買収後の管理ポイント」

最後の第6部は財務会計となります。

  • (1)買収価格に影響を及ぼす事項の把握・調査
  • (2)買収後の管理ポイント

M&Aの買収価格設定をする際に、その会社の真の価値を見極める必要があります。こちらのセッションでは、買収価格を設定する時に注意すべきポイントについて詳しく解説してくれます。また、買収後スムーズに業務を進めるために、買収後の財務会計の管理ポイントも分かりやすく教えてくれます。

財務会計を担当する方には非常に勉強になる内容となっています。

7、次回のセミナー開催について

次回のセミナーは3月26日(水)13:30−16:50(受付開始:13:00)に開催します。すでに空席が少なくなっていますので、少しでもご興味がある方は、ぜひ早めにお申し込みください。

お申し込みフォーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
八木チエ

八木チエM&A INFO プロデューサー

投稿者プロフィール

大学卒業後、7年間IT会社の営業を経験し、弁護士事務所に転職。
弁護士事務所で培った不動産投資の知識を活かし、業界初の不動産投資に特化したメディアを立ち上げ。2018年に株式会社エワルエージェントを設立。不動産投資「Estate Luv」、保険「Insurance Luv」などのメディア運営やメディアのコンサル事業に特化。
M&A業界が盛んになった今、M&Aの情報を正しく伝えたい、もっと多くの人にM&Aの魅力を知ってもらいたいと思い、M&Aに特化したメディア「M&A INFO」を立ち上げ。より有益な情報を多く配信している。

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. M&Aを検討しているものの、どこに依頼したらいいのかと分からない方も多いのではないでしょうか…
  2. 「起業しても1年で半分の会社がなくなる、10年以上続いている会社はわずか1%」 と…
  3. 人材の採用・育成が大変だから、優秀な人材を抱えている会社を買いたい 新規事業の開発をしたい…
  4. 「M&A」という言葉は、経営者であれば一度は聞いたことがある方はほとんどでしょう。 …
  5. こちらの記事をお読みの方の中で、会社、企業を売りたいと検討されている方もいらっしゃるのではないで…
  6. 少子高齢化による人材不足、経営環境の変化など様々な問題の影響により、数十年も経営してきた会社の事…
ページ上部へ戻る